そこに仁義はあるのか(仮)

略してそこ仁!

中国で利用されているWeChatのbotを作る〜テスト用アカウント編〜

WeChatとは、主に中国を中心に利用されているメッセージングアプリです。

Wikipediaからの引用ですが、

2015年2月の同社発表によると登録ユーザー数は11億2,000万人(以降、テンセントは登録ユーザー数を公表していない)。また、20以上の言語版があり、200の国と地域をカバー、70を超える国と地域でナンバーワンのソーシャルアプリであるという[7]。2016年第1四半期における月間アクティブユーザー数が7億6,200万人に到達し、前期比29%増であると発表された[8]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AE%E4%BF%A1

とあり、とても多くのユーザーに利用されています。
こんなWeChatのbot作成を試してみました。

f:id:syobochim:20181210005156p:plain

  • 💬 WeChatの企業用botアカウントの種類と登録サイト
  • 💬 テスト用アカウントの作成方法
    • 1. WeChatアプリを携帯にインストールする
    • 2. テスト用のアカウントページへWeChatを使ってログインする
    • 3. テスト用アカウントにTOKENとURLを登録する
    • 4. テスト用のアカウントをWeChatアプリから呼び出す
続きを読む

ローカルで起動したサーバーを簡単に外部公開できるngrokと活用方法

たまたまngrokを使うことがあり、便利だったのでご紹介します

  • 🙏 ngrokで出来ること
  • 💬 どうやって使おう?
  • ✌️ 始め方と使い方
    • 👍 始め方
      • 1. ngrokのサイトでアカウントを登録する
      • 2. クライアントをインストールする
      • 3. tokenを設定する
    • 👍 使い方
      • 1. 外部公開したいシステムを起動
      • 2. ngrokをポート指定して起動
    • 👍 おまけ

🙏 ngrokで出来ること

ローカル環境で起動したサーバーをとても簡単に外部公開できます。
インストールや利用もとても簡単で、自分でドメインを用意する必要もなく、ngrokの無料アカウントではランダムな英数のURLドメインがふられます。
(有料アカウントではドメイン設定も可能です。)

f:id:syobochim:20181209164956p:plain

続きを読む

JapanContainerDays v18.12 に行ってきました!資料まとめ #containerdaysjp

Japan Container Days v18.12 に参加してきました!
(お仕事などなど入ってしまい、結局2日目の午後しか参加できなかった…。)

containerdays.jp

v18.04にも参加していたのですが、そちらの感想はこのブログに書いています。
syobochim.hatenablog.com

💬 全体を通しての感想

前回(v18.04)に引き続き、 Japan Kubernetes Daysという感じで、Kubernetes前提でほとんどのセッションが構成されているという印象でした!

前回は、こういうツールが便利そう!という話が多かった気がしていて、感想ブログにもこのように書いていました。

Keynoteで聞いた事例が面白かったし、もっとメルカリさんみたいな事例の話が聞きたいなぁ…と思いましたが、あまりそういうセッションはなく…。
そもそも、実際Kubernetesを使って運用している事例があまり無いのかも…。

しかし、今回は事例や苦労したこと、構築のポイントというセッションが割とあった印象で、いよいよ実践されて事例が出てきたフェーズになっていると感じました。
セッションも、Kubernetesってこういうものだよ、という入門系のセッションはあまりなかったのでは。
あとは、Knativeについての話題が多かった印象です。あとで調べる。

以下、参加できなくて悔しかったので資料をできる限り集めてみました。
内容に誤りなどあれば、ご指摘いただけると嬉しいです。

続きを読む

Java Day Tokyo 2018 の参加レポと、Night Sessionで司会をしました! #JavaDayTokyo

遅くなってしまいましたが、個人的な観点からのJava Day Tokyoの参加レポートです。

www.oracle.co.jp

💬 全体を通しての感想

基調講演は参加出来ず、午後からの参加でした…!

Night SessionでAsk the speakersという企画の司会をやることになっていたので、なるべく登壇者のセッションを聞きにいくようにしていた結果、海外からの登壇者ばかりのセッションばかり参加していました…!
でも、翻訳イヤホンがもらえるので問題なし!

私が受けたセッションがそうだったのかもしれませんが、ジャバジャバ(Java Java)した話というよりは、
コンテナやサーバレスなど、これからのプラットフォームに対してJavaで作るシステムを適用していくための話、というのが多かった印象でした。

あとは、私は聞いていないセッションでしたが、JDKのリリースモデルの変更に関するセッションは会場から人が溢れるほど聴講者が居て、やはり関心が高いんだなぁ、と感じました。

📖 全ての資料はこちらで公開されています

Java Day Tokyo 2018


以下、セッションのメモや感想です。
慣れない英語セッションの参加だったので、解釈間違ってるところもあるかもですが・・・。

続きを読む

IntelliJ IDEAでMacBook Proのtouch barが使えるようになって最高 #intellij

もともと、この記事を書いていましたが、
なんと本家でtouch barを活用出来るようになったとのことだったので、そちらを使うようにしてみました!
さようなら、intellij-touchプラグイン・・・。大好きだったよ・・・。

syobochim.hatenablog.com

😍 どうなるか

IntelliJのリリース報告に全て書いてあるので、そこを見ていただく+サムライズムさんのツイートを見ていただければ、わかるかと思います!

IntelliJ IDEA 2018.2 Early Access Program is open! | IntelliJ IDEA Blog

続きを読む

API Meetup Tokyo #25『AIの民主化を推進する日本のAPI提供者』に行ってきました!

イベント行ってきたブログが続きます!(✌'ω' ✌)

api-meetup.doorkeeper.jp

💬全体の感想

遅れて参加してしまったので、最後の2セッションしか聞けませんでした…。

  • 今までのOCRの不可能を可能にするAI APIサービス『Tegaki』
  • みんなの自動翻訳@TexTraのご紹介

でも、
1つめのセッションは、APIとビジネスのお話が中心
2つめのセッションは、AIとTechのお話が中心
という内容だったので、イベント全体としてテーマのバランスがすごく良かったのではないかな〜〜と思います!

運営のみなさま、お疲れ様でした!!

続きを読む

Japan Container Days V18.04に行ってきました!

Japan Container Daysに参加してきました!

containerdays.jp

💬 全体を通しての感想

↑のサイトのセッション一覧を見てもわかりますが、Kubernates祭り!という感じで、私が参加したセッションは全て、Kubernatesを絡めた内容が入っていました。

コンテナを実際に運用するうえでは、Kubernatesが欠かせない存在になっているみたいで、
開発プロセスや運用について紹介する際は、
Kubernetesありき+合わせて使うと便利なツールやサービス
という内容ばかりでした。
また、ツールやサービスも、複数のセッションで同じツール名を聞くこともあり、ある程度「これがメジャー」というものが確立し始めているように感じました。

Keynoteで聞いた事例が面白かったし、もっとメルカリさんみたいな事例の話が聞きたいなぁ…と思いましたが、あまりそういうセッションはなく…。
そもそも、実際Kubernetesを使って運用している事例があまり無いのかも…。
『Japan Container Daysに来ている参加者』という、コンテナに興味がある人が集まったカンファレンスでさえ、
セッション中にあった「実際にKubernetesを使って運用している人?」という問いには、ほとんど手が上がらずでした…。
Kubernetes自体の説明や、Kubernetes周りのツール紹介などの内容をメインとするセッションが多かった印象なので、これから運用を始める人というターゲットには合致したセッションだったのかもです。

🛠 紹介されていたツール

私がメモしたサービスとかツールとか
(まじで、学ばねばならないこと多すぎ…)

Cloud Native Landscape(なにかするときはココからサービスを選べ)

Serverlessとは何か(是非読めとのこと)
wg-serverless/whitepaper at master · cncf/wg-serverless · GitHub


以下、セッションのメモや感想です。

続きを読む