読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに仁義はあるのか(仮)

略してそこ仁!

Django と DB を接続

結局、環境構築に手間取りまくって一週間が終わってしまった…。

DBをDjangoに接続させたくて、
Oracle DB 12cとか、MySQLとか入れようとしてみたけど、
cx_Oracleエラーがどうとか、(12c対応のものがなかったからだめだったのかな…?)
MySQLdbエラーがどうとか(ことごとくインストールがミスった)で断念しまくった。

結局、あきらめてSQLite設定してしてスパッとうまくいったけど、
個人的にはOracle使えるようになりたいので、
今後のっそり設定していきたい。

サイト見てるとyumコマンドとかめっちゃでてくるんだけど、
windowsユーザいないの…?




SQLitePythonにもともと入ってて、インストール不要。イイネ!
setting.pyのDATADASESをこんな感じにしてうまくいった。
NAMEに書くパスは「*.db」ファイルを作成したい場所を、
適当に指定してあげればいい。
USER以下には、何も指定しない。

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
        'NAME': 'C:\django_test\mysite_django.db',
        'USER': '',
        'PASSWORD': '',
        'HOST': '',
        'PORT': '',
    }
}


Intellij IDEAからの接続も簡単にできた。

①Pluginを入れる

Database Supportプラグインをいれる
f:id:syobochim:20130812201659p:plain

②Database Supportウィンドウを開く

右にDatabaseボタン?ができるから、それをクリック
f:id:syobochim:20130812201938p:plain

③設定する

Database Supportウィンドウで右クリック⇒New⇒Data Source
でウィンドウを開いて設定していく
f:id:syobochim:20130812202245p:plain

JDBC driver files:Xerial SQLiteJDBC-3.7.6.3-SNAPSHOT(download)
⇒Click hereをおして、ファイルを任意の場所にダウンロード

JDBC driver class: org.sqlite.JDBC
Database URL: jdbc:sqlite:xxxxx (xxxxはsetting.pyでDATABASESのNAMEに指定したやつ)
UserとPasswordは、DB接続したときに設定したやつを使う。




最初からSQLiteを選んでいれば…。

でも、OracleDB11gを入れなおして、使えるようになりたい。。。